,
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告  top▲
オートクチュール
先週だか先々週だか忘れたけどパラキス観てきましたよおほほ。思ってた以上にク●ソでした。笑えないくらいdisってしまいそうなのでなにも言いません。ただ自分がどれほど映り込んでしまったかの報告だけさせてもらうと、ガッツリ映ってしまったのは2回ありました。すみませんなんかすみません。1回は端のほうに入り込んでいて、1回はめっちゃド真ん中に映りましたすみません。でもエキストラは若干顔がボヤけるようになっているみたいで、言われなければわからないと思いますよかったです(一応変装のつもりでメガネかけてるし)。ふふふ。ついにわたしも銀幕デビュー!(キラーン)エキストラの現場でちょっとお話した人が別シーンでおもいきり映ってたり、あのシーンとこのシーンがくっついていたりとかまあそこはおもしろかったです。
やっぱり我慢ならんので少しだけ言わせてもらうと、脚本とスタイリストがひどかったです。おさむがジョージじゃないとか、景子ちゃんが紫じゃないとかそんなのあたりまえなんです。二次元のキャラを三次元の人間がやるなんて無理なんです(でもイザベラ頑張ってたよ)。それでもやるっつーんならせめて世界観を合わせろよと思うんですわたしは。もっと原作のセリフを引用してもいいやろに!やっすい言葉に変えてしまったらパラキスもなんもないです(てゆーか原作矢沢先生の意味がない)。パラキスはまったくもってさわやかな漫画じゃないよ。人間の自己中心的なところとか、欲望とか、ずるいとことか、もっとこう黒いドロドロしたもんが渦巻いてて、それをファッションとゆうお洒落なものでオブラートに包んで表現していると思うよ。矢沢先生の漫画はほとんどそう!パラキスもご近所もナナも天ないもその他も!人間の内側にある汚いものをお洒落なものと合わせて描いてる(ファッションとか音楽とか)。矢沢先生の凄いところはさらに理想や運命論など少女漫画に必要なトキメキもちゃんと取り込んでいるところです。汚いものと綺麗なもののバランスが素晴らしいんだ。ただの矢沢厨乙になってきてますねわかってます。それをおおおおおおおおお!シャレオツさわやか映画にしやがってえええええええええ!しかも別にお洒落じゃないし…。スタイリストひどい!せめてメインキャストくらいもうちょっと頑張れなかったの?衣装。一番お洒落だと思ったのはキラキラ星人の衣装でした。キラキラしてなかったけど。なんか…ほんと残念すぎて…せめて脚本と衣装もうちょっと頑張ってほしかったよ…。少しだけとか言いながら結構書いてしまったー。あー。
最近マイブームの賀来くん(嵐役)は可愛かったです。あのシャープな顎ラインが好きなので横顔映るたんびにハフハフしてました(*´∀`*)おさむはなんか昨年ほどの気持ちはもうないかな。←

アスコーマーチがいい感じになってきました!ついに告ったよたまきくん!(賀来くん)来週はたまきくんとあるとくん(殿)の直接対決イチャイチャがあると思うとー!わくわく!この取り合い合戦を待っていたのです。あと何話あるんかなー。咲ちゃんもうあるとくんに1回振られてるし。こりゃたまきくんいったれー!ですね。てゆーかあるとくんのストーカー邪魔すぎ。たまきくんとあるとくんと咲ちゃんの三角関係だけでいいよー邪魔がいると萌えない。
スポンサーサイト

IKEMEN CM(0) top▲

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。